運営者情報

ゆき日記へようこそ。運営者のゆきです。都内で働くOLで、趣味で映画を良く見ます。最近みたのはボヘミアンラプソディ。Queenのデビュー当時はまだ生まれていない私ですが、ボラぷを観てすっかりフレディマーキュリーのファンになりました。彼のすばらしいステージを生で観ることができなかったことは残念すぎます。そもそも、ロックって特別すきではなかったので関心をもったことがありませんでした。でも、Freddieは、ロックというジャンルにとどまらない素晴らしいエンターテイナーだったんですね。オペラやバレエともコラボレーションして、すごいです。歌唱力がハンパないですよね。ビックリしました。ボラプも話題になっているから観てみただけだったのに、すっかりはまってしまい。映画館で鼻水をハンカチでふきふき、号泣でしたよ~^^いい映画でに出会えて幸せ。Queen2016年にブライアンとロジャーが来日してます。またきっと日本に来てくれるはず!そうしたら絶対コンサート行きたいな。I want to see Queen concert in Japan.届くことは無いと思うけど、一応英語で書き残してみようっと(笑)もしかして、もしかして、Queen関係者がみてくれて日本ツアーを考えてくれたりして。Freddie Mercuryの七色の声はすごいですよね。高音からグシャっとしたしゃがれた声までいろんな音が出るんだもの。 I want to break freeのPVがめっちゃ面白い!女装してしゃがれた声で歌い上げるFreddieかわいすぎる!!何度観てもあきなくて。iphoneで見まくってます。しかも、歌がめちゃうまいじゃーん!と驚くところがいっぱい。ああ、生まれ変わるならFreddie Mercuryになりたいな。映画を観て、死期の直前にレコーディングした曲を聞いて、きっとつらいことも多い人生だったのだろうと思うけど。でも、こんなに素晴らしい歌をたくさん残し、世界中の人に愛されているなんて幸せですよね。亡くなっている方なのに日本の片隅に生きている私まで魅了されてしまうすごい魅力。でも、きっとこの素晴らしい歌は、本人が苦悩していたからこそ生まれた歌詞でメロディなんだろうなぁと思う。そう思うと生きていて苦しいことも悲しいこともつらいことも悔しいことも全部むだじゃないよねって思えます。何か素晴らしい事に気が付くために、その苦しさがあるんだよって思うと、活きていることがそれだけで幸せなんだって気が付かされます。ボラプ深すぎるわ。もう5回観に行っているんだけど、毎回気が付くことがあって、この間は観終わった後に「最近、自分が得することばかり考えていた。フレディみたいに誰かを幸せにするために生きたい。残りの人生を美しいことに使いたい」って思ってハッとしました。そう思ったら、なんだかとっても気持ちが楽になって、寄りっぱなしの眉間のシワがゆるんできたような。どうしてこんなに生きづらくなったのかと考えて、利己主義になっていたからだと。自分が幸せになりたいって思うのは悪い事ではないけれど、自分だけ得したいとか自分だけ良い思いしたいとか、そういうことを考えているとどんどん不幸になっていく。好きな人を笑顔にしたいとか、フレディみたいに精一杯生きてその結果だれかが元気になってくれるとか。飾らずにありのまま、生ある限り一生懸命生きて、最後にああ楽しかった、ありがとうって思って死ねるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です